Home Sweet Home

~There is no place like home~
Profile

 TAEKO

Author: TAEKO
一日の終わりに夕日を眺めながら
今日の幸せに感謝する…
そんな気持ちで暮らしていたい

Link
☆お気に入りリスト
BlogPeople
☆BlogMURA Ranking ブログ村のライフスタイルの中の「生活空間」のカテゴリーに参加しています。クリックしてくださる方どうもありがとうございます このブログをリンクに追加する
Calendar

05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Category
Today's menu…
Recent Comment
Counter
Powered By FC2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
お花見バーベキュー


山の中では
そろそろ終わりを迎えるころの八重桜が
まだ楽しめて…

    DSC_7854sakura.jpg


その桜の木の側で
お昼に到着したみんなとバーベキュー。

やっぱり花より…かな。

        DSC_7869BBQ.jpg

帰省のときに調達してきたサザエも
無事に壺焼きに。

焼く・食べる・しゃべる…
と楽しいパーティーはエンドレスに続いたのでした…


どうもありがとうございます^^ Please click me♪
クリックしていただけると嬉しいです~

旅行 |permalink
一年ぶりの古民家で…


昨年のゴールデンウィークに行った小旅行
(その時の様子はコチラコチラ
一緒に行ったお友達家族にもとても好評だったので
今回はさらに3家族誘って
うちと合わせて6家族での賑やかなものに。

私たち家族は
一日早く現地入り。

    DSC_7959Sayo.jpg

夜に着いたので
気温も低くて寒いけれど
空気も新鮮で気持ちいい~♪

一年ぶりに
また自然の中でのんびりと楽しめそう。


どうもありがとうございます^^ Please click me♪
クリックしていただけると嬉しいです~

旅行 |permalink
日帰りで…


亡くなった祖父と祖母の50年祭と10年祭があったので
夫と一緒に車での里帰り。

     DSC_7113Drive.jpg

祖父は私が生まれる前に亡くなっていたけれど
おばあちゃんっ子だった私には
祖母との思い出はたくさん。

半日ほどの滞在だったものの
祖父母の祭祀事に顔を出せて
喜んでもらえたかな…


どうもありがとうございます^^ Please click me♪
↑ランキングのボタンです。クリックしていただけると嬉しいです~

旅行 |permalink
美味しい旅


卒業式を終えた娘
高校時代から仲良しのお友達と一緒に
福岡旅行へ。

 Fukuoka.jpg

太宰府から
満開の桜を写メールで送って来てくれたので
「そこの梅ヶ枝餅おいしいよ~♪」
と返信するとさっそく食べたよう。



女の子の二人旅とくれば
やっぱりメインは美味しいものの食べ歩き。

博多ラーメンにもつ鍋
宮崎牛のステーキに門司港名物焼きカレー。

    Fukuoka2.jpg

いいなぁ~!
焼きカレーは私も未体験。

食べた~い!!




そして博多に行くとなれば
これは絶対に買って帰ってもらわないと~。

        DSC_7457omiyage.jpg

大好きなお菓子「博多通りもん」は
和菓子にたっぷりのミルクの風味が合わさって
いつ食べても美味し~い♪



言わずと知れたこちらも外せない。

     DSC_7458omiyage.jpg

無着色のたらこに
特製明太子ソースが付いていて
それをかけると程よい辛さ具合。

ご飯がまたススム…


あ~、私も久しぶりに九州に行きた~い!


九州大好き~♪ Please click me♪
クリックしていただけると嬉しいです~

旅行 | トラックバック(0) | コメント(10) |permalink
大阪おばちゃんズはゆく ***番外編おわり***


サイドミラーに目を移すと…



そこにはMちゃんとMちゃん母、Yちゃんの3人が
あのスキンヘッド&グラサンの
二人のポリスマンと一緒に
かわりべんたん、かわりべんたんに
(横山やすし風に…わかる?)
写真を撮り合っている姿が~!!

なんだかみんなとっても楽しそうなんですけど…?
若くて可愛いMちゃんと撮る時なんて
肩なんかくんじゃって。

ちょっとそこの二人!
ピストルに手を置きながら私に
話しかけてきたときとは表情も全然違って、
鼻の下も伸びてるんですけど~?

その様子を見たら
なんだか一人深刻な面持ちで待っているものばからしくなり、
私も車を降りてみんなの元へ。

「お~、運転手もきよったで~。」

と、スキンヘッドのおにい…ポリスマン。



「…みんな…何してんの?」

「だってせっかくやから記念にと思って~。」

「そうそう~♪」

「記念って……じゃあ私もついでに撮っとこか。」

と、一緒にパチリ。


車の側まできた私たちにドアを指しながら、

「ほら、ここに警察ってかいてあるやんか。
これでポリスカーやてわかるやろ?」

と言うグラサンポリスマンに
一様に笑顔を向けながらも、

「そんなん、運転中に正面から見えるわけないやんな~。」
「ほんまやわ。」

と、相手さんが
日本語が分からないのをいいことに好き勝手言う私たち。




結局、カーブの制限速度が低くなっている場所で
スピードが落ちていなかったということで、

「気ぃつけて走らなあかんで~。」

と、なんとか無事に放免となった。


     DSC_5882travel.jpg


旅行から帰って夫にこのときの話をしたら、

「アメリカのポリスカーは、
後ろから何かされないように
絶対に車の前には出てけぇへんからね、
フラッシュされたらすぐに止まらなあかんよ。」とか、

「相手に話しかけるときがポリスマンにとっては
一番警戒するときやから、
そりゃあいつでもピストル使えるように構えてるよ。
その時に何か不審な動きをしたら
撃たれても文句は言われへんからなぁ。
車止めたら絶対に手は10時10分の位置でハンドル
握っておかなあかんよ。」とか…


知ってたんならはよ教えんかい。

な~んて、そんなこと、
2週間近い旅行に行くのを快く送り出してくれた上に、
帰りの空港に迎えに来てくれたありがたい夫には
とても言えない放蕩妻。

なのでそこは一応、
「え~、そんなん全然知らんかったわ~!
聞いておけばよかった~。」と、
両手を頬にあてながら言っておくにとどめた。

まぁ、夫とて
まさか私がそんな目に遭おうとは
思ってもなかっただろうけど…。


そんなこんなのちょっとドッキドキの体験。
これでまた心臓の毛並みが
さらに良くなったように思うのは気のせい…よね?


こんな話に3日もお付き合いくださってどうもありがとう~^^; click me♪
クリックしていただけると嬉しいです

旅行 | トラックバック(0) | コメント(12) |permalink
アメリカンポリスマン VS 大阪おばちゃん ***番外編つづき*** 


車から降りてこちらへ向かってくるスキンヘッドのお兄さん。

かなり毛並みも揃ってきたであろうと思われる私の心臓も
さすがにドッキンドッキン…

窓ガラスを開けた私を覗きこむ彼の右手が
ピストルに置かれている…!

ショエ~~~ッ!

やっぱり本物のパトカーだったんデスカ…!?


    DSC_5699travel.jpg


P 「なんで合図しとったのにすぐに止まらへんかったんや?」

T 「あ~、あの、私ら日本からの旅行者ですねんけど、
  パトカーとは分かりませんでしてん。」

P 「君らの国には警察の車はあらへんのか?」

T 「(んなはずないやろ~!と心の中で軽くつっこみながら)
  …ありますねんけど、日本のパトカーとは
  様子が違うんで分からへんかったんですわ…。」

と、そこへもう一台のパトカー(らしき車)がやってきた。

スキンヘッドのポリスマン(らしきお兄さん)が
その車のところへ行くと、
今度は二人揃って再びこちらへ。

もう一人のポリスマン(らしきお兄さん…まだ信じ切れていない)はグラサン姿。

さきほどと同じように覗き込んでくる二人の手が
またもやピストルに置かれている…!!!

だ・か・ら~、怖いんやってば!


スキンヘッドのお兄さんポリスマンが

「ほな、さっきと同じことを、もう一度彼に説明してくれへんか?」

ということで、
私はグラサンポリスマンに先程と同じ説明を繰り返し
さらに、

「私ら今からマンタイ神殿に行くとこですねん。」

と、行き先を告げて
決して怪しいものではないことをアピールしてみる…。

「おぉ~、それはええなぁ。」

と笑顔を向けられてホッとしたのも束の間、
今度はパスポートと免許証を出すように言われ
さらにレンタカーの証明書の提示も求められ、
しぶしぶ素直にその通りに…。


       DSC_6231travel.jpg


それらを手にしたグラサンポリスマンが車へと戻っていくと、
まだ彼らに対してかなり強い疑念を抱いているYちゃんが、
後ろの座席に座っているMちゃんに

「パスポート持って行かれてるから、
もしものときのためにあの車写真に撮っとき!」と。

するとそれを受けたMちゃんは車から降りて、

「一緒に写真撮ってくださ~い♪」

と、車の方に向かって行ってしまった…。

こっそりと車の写真を撮っておくように
言ったつもりのYちゃんと、
Mちゃんの母Mちゃんの二人は
心配して車を降りて彼女のもとへ。

車に一人残された私は、
みんなのことは気になりながらも
持って行かれたパスポートも気になるし…
ただひたすらハンドルを握りしめ…

と、そこでふとサイドミラーに目をやると、
その中にはなんとも信じがたい光景が映っていた…!



今回も長くなったのでにつづきはまた明日。
(注:またもやもったいつけるようなマネをしてしまいましたが、
続きも大そうな話ではございませんので、念のため…)


私がそこで見たものは…!! click me♪
クリックしていただけると嬉しいです

旅行 |permalink
back | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。