Home Sweet Home

~There is no place like home~
Profile

 TAEKO

Author: TAEKO
一日の終わりに夕日を眺めながら
今日の幸せに感謝する…
そんな気持ちで暮らしていたい

Link
☆お気に入りリスト
BlogPeople
☆BlogMURA Ranking ブログ村のライフスタイルの中の「生活空間」のカテゴリーに参加しています。クリックしてくださる方どうもありがとうございます このブログをリンクに追加する
Calendar

05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Category
Today's menu…
Recent Comment
Counter
Powered By FC2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
アメリカンポリスマン VS 大阪おばちゃん ***番外編つづき*** 


車から降りてこちらへ向かってくるスキンヘッドのお兄さん。

かなり毛並みも揃ってきたであろうと思われる私の心臓も
さすがにドッキンドッキン…

窓ガラスを開けた私を覗きこむ彼の右手が
ピストルに置かれている…!

ショエ~~~ッ!

やっぱり本物のパトカーだったんデスカ…!?


    DSC_5699travel.jpg


P 「なんで合図しとったのにすぐに止まらへんかったんや?」

T 「あ~、あの、私ら日本からの旅行者ですねんけど、
  パトカーとは分かりませんでしてん。」

P 「君らの国には警察の車はあらへんのか?」

T 「(んなはずないやろ~!と心の中で軽くつっこみながら)
  …ありますねんけど、日本のパトカーとは
  様子が違うんで分からへんかったんですわ…。」

と、そこへもう一台のパトカー(らしき車)がやってきた。

スキンヘッドのポリスマン(らしきお兄さん)が
その車のところへ行くと、
今度は二人揃って再びこちらへ。

もう一人のポリスマン(らしきお兄さん…まだ信じ切れていない)はグラサン姿。

さきほどと同じように覗き込んでくる二人の手が
またもやピストルに置かれている…!!!

だ・か・ら~、怖いんやってば!


スキンヘッドのお兄さんポリスマンが

「ほな、さっきと同じことを、もう一度彼に説明してくれへんか?」

ということで、
私はグラサンポリスマンに先程と同じ説明を繰り返し
さらに、

「私ら今からマンタイ神殿に行くとこですねん。」

と、行き先を告げて
決して怪しいものではないことをアピールしてみる…。

「おぉ~、それはええなぁ。」

と笑顔を向けられてホッとしたのも束の間、
今度はパスポートと免許証を出すように言われ
さらにレンタカーの証明書の提示も求められ、
しぶしぶ素直にその通りに…。


       DSC_6231travel.jpg


それらを手にしたグラサンポリスマンが車へと戻っていくと、
まだ彼らに対してかなり強い疑念を抱いているYちゃんが、
後ろの座席に座っているMちゃんに

「パスポート持って行かれてるから、
もしものときのためにあの車写真に撮っとき!」と。

するとそれを受けたMちゃんは車から降りて、

「一緒に写真撮ってくださ~い♪」

と、車の方に向かって行ってしまった…。

こっそりと車の写真を撮っておくように
言ったつもりのYちゃんと、
Mちゃんの母Mちゃんの二人は
心配して車を降りて彼女のもとへ。

車に一人残された私は、
みんなのことは気になりながらも
持って行かれたパスポートも気になるし…
ただひたすらハンドルを握りしめ…

と、そこでふとサイドミラーに目をやると、
その中にはなんとも信じがたい光景が映っていた…!



今回も長くなったのでにつづきはまた明日。
(注:またもやもったいつけるようなマネをしてしまいましたが、
続きも大そうな話ではございませんので、念のため…)


私がそこで見たものは…!! click me♪
クリックしていただけると嬉しいです

旅行 |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。