Home Sweet Home

~There is no place like home~
Profile

 TAEKO

Author: TAEKO
一日の終わりに夕日を眺めながら
今日の幸せに感謝する…
そんな気持ちで暮らしていたい

Link
☆お気に入りリスト
BlogPeople
☆BlogMURA Ranking ブログ村のライフスタイルの中の「生活空間」のカテゴリーに参加しています。クリックしてくださる方どうもありがとうございます このブログをリンクに追加する
Calendar

07 ≪│2017/08│≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Category
Today's menu…
Recent Comment
Counter
Powered By FC2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
秋の旅行記  *** 番外編 ***


今日は先月の旅行中に出くわした、
ちょっとドキドキしたお話を…。



あれは、ラスベガスからの帰りに
マンタイに立ち寄った時のこと。 (そのときの様子はコチラ

車は交替で運転していて、
このときはちょうど私が運転中。

アメリカのフリーウェイの制限速度は
州ごとにそれぞれ決まっているようで、
私たちが車を走らせたユタ~アリゾナ~ネバダは
どこも最高で75マイル(約120Km)。

DSC_5710America.jpg

今年の7月に
姪の結婚式に参列すべく実家に帰る高速で、
覆面パトカーにスピード違反で捕まった私は(…!)
それ以来高速を走るときにはオートクルーズを使ったりして
かなり慎重。

このときもやはりオートクルーズも使いながら
スピードには気をつけて運転していた。

マンタイに行くために、
途中からフリーウェイを降り一般道へ。

一般道とはいえ、
日本に比べると制限速度は高く
最高で60か65マイルくらい(90~100km)だった。

ところどころで制限速度が低くなる
住宅街やお店の並ぶ辺りを過ぎ、
車は周りに何もない見通しの良い一直線の道路へと。

そこでももちろん
スピードに気をつけて車を走らせながら、
ふとバックミラーを見ると、
すぐ後ろに何やら怪しげな車が!

一応パトカーのようではあるけれど
車の上には何もついていなくて、
フロントガラスの内側上方にある
赤青2色のLEDのようなライトが点滅している。
そしてヘッドライトが左右交互にフラッシュ。

制限速度はきっちりと守っていたので
お咎めを受けるはずはないとは思いながらも、
脳裏には7月のときの苦い記憶が蘇り
(あのときは明らかにオーバーしてたけどね…)
ドキドキしながら反射的にブレーキを踏んでスピードを落とし、

「ねぇ、後ろからなんか来てる…」

と他のみんなに知らせる私。

車の上にライトがついていないのは
日本のような覆面パト?と思うも、
日本のパトカーのようにこちらの車の前に出てくるでもなし
ひたすらヘッドライトをフラッシュしてくる様子は
私たちにとってはどうにも不可解。

「えっ、何?あれ!」
「パトカーにしたらなんか怪しげやんなー」
「私らスピード違反してないよね~」
「してない、してない」
「偽装車かなんかの変な車ちゃうの?」

と、口々に後ろから来る車を怪しむ発言。

「先に行きたくて“よけろ”ってことかな~?」

なんて言いながらも片側一車線の狭い道で、
よけるような場所もないのでしばらく走り続け、
やっと現われた退避できるスペースに車を一旦止めることに。

これで先に行ってくれるのかなと思ったら、
車は私たちの後につけて止まり、
中からスキンヘッドのお兄さんが~~~!



長くなるのでこのつづきはまた明日…
(注:決してもったいつけるような内容じゃあございません、念のため…)


私の小さな心臓(?)はドッキドキ~^^; click me♪
クリックしていただけると嬉しいです

旅行 |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。