Home Sweet Home

~There is no place like home~
Profile

 TAEKO

Author: TAEKO
一日の終わりに夕日を眺めながら
今日の幸せに感謝する…
そんな気持ちで暮らしていたい

Link
☆お気に入りリスト
BlogPeople
☆BlogMURA Ranking ブログ村のライフスタイルの中の「生活空間」のカテゴリーに参加しています。クリックしてくださる方どうもありがとうございます このブログをリンクに追加する
Calendar

04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
Today's menu…
Recent Comment
Counter
Powered By FC2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
子猫物語


それは先週有馬へ行く日の昼間のこと、出かける前に夫がレオを連れてお散歩に。
しばらくするとその夫の携帯から電話が入った。

衰弱した上にカラスに虐められて虫の息になっている子猫がいるので、連休の合間
だけど、動物病院が開いているかどうか連絡してみて欲しいとのこと。

早速電話してみたところ、その日は休診日だったものの、先生は継続治療中のコを
診るために病院におられ、状況を話すとすぐに連れて来てくださいということだった。
そこで折り返し夫に電話をしてその旨を伝え、ネコちゃんを包むタオルを持って私も
駐車場へと向かった。

行ってみるとそのネコちゃんは本当に文字通り虫の息で、夫がたまたま通った路地の
脇で前夜の雨で濡れていたトタンの上にいたらしく、体半分が濡れて抱き上げた体は
小さく冷たく、時折力なくミャーと弱々しい声を上げるだけ…。

とにかく急いで病院に連れて行こうと車に乗った途端、少し手を伸ばしてミャーと鳴いた
かと思うと、それっきりそれまでうっすらと開いていた目も閉じられ、どんなに呼びかけ
ても鳴きも動きもしなくなってしまった。

間に合わなかった…思わず泣き出す私だったけれど、夫がネコちゃんのお腹をさすり
ながら少し揺さぶると、手足とお腹がかすかに動き、まだわずかながら呼吸がある様子。

「まだ大丈夫、とにかく急ごう」という夫の声に気を取り直し、急いで病院へ…。

病院に着くと、先生はすぐにストーブで温めながら体温測定。
ところが、体温が低すぎて測定さえできない…。

「35度以上になればなんとか自力で体温を上げられるけれども…少なくとも最低体温の
33度はないと、助けてあげるのは難しいかも…。
でも、子猫は衰弱も早いけど回復も早いので奇跡的に助かる可能性もありますから。」

その言葉と、細すぎてなかなか入らなかった血管に点滴して、懸命に治療してくださる
先生に一縷の望みをかけながら、ただ見守るだけの私たち…。




点滴をしたままあの手この手で体を温め続け、そうして1時間が過ぎた頃、体が少しずつ
動いて反応が出始め、なんとか体温計に33度の数字が!
さらにしばらくすると、体温が35度4分まで上がってきた。

まだ意識はないものの、これでどうにか回復の見込みが出てきたので、このまま入院
させるということで、私たちは気になりながらも先生にお任せして病院を後にした。



有馬へ行ってからも、ネコちゃんどうかなぁ~と話していると、夕方先生から連絡を
いただき、意識も戻ってミャーミャーと元気に鳴き出して、割と安心できるくらいの状態に
まで回復してきたということだった。

まだ引き続きの治療は必要なものの、私たちもひとまずは安心。

    DSC_6306.jpg




さて一安心したところで、私たちには次なる問題が…。
夫は喘息を持っているため、猫には3プラスでアレルギー反応がありうちでは猫を飼う
ことができないのである…。

            DSC_6326.jpg



ネコちゃんを見つけて病院に連れて行くときには、もうとにかく助かって欲しい一心だった
ので、その後のことまで考える余裕はなかったものの、それは回復した後の大切な問題。

    DSC_6314.jpg



先生は自宅へ連れ帰り治療をしていてくださっていたらしく、連休中も回復の状況の
報告を入れてくださった。

とても人馴れしているので捨てられたんでしょうということ…。
そして、人懐っこくて顔も性格もとっても可愛いコですよとおっしゃった。

         DSC_6303.jpg



自力でご飯も食べれるようになり、すっかり回復して退院の目処も立ち、私たちも
心当たりのある飼えそうな方にいろいろと当たってみた…。

              DSC_6311.jpg

そして無事に、優しいKご家族に飼っていただくことが決まり、昨日娘と一緒に病院へ。

先生によると生後一ヶ月くらいだというネコちゃん、病院に連れて行ったときの体重は
標準の半分くらいしかなかったらしい。
迎えにいくと、この一週間弱であのときの様子からは見違えるように元気に、そして
大きくもなっていた。


新しい飼い主さんのもとへと向かう車の中でも、娘の髪の毛や携帯ストラップにじゃれ
ついて、その姿の可愛いこと。
こんなにも元気になって、本当に良かった…。

    DSC_6351.jpg

ご家族のもとへ着くと、既にネコ砂なども用意してあり、優しく温かく迎えてくださった。
ネコちゃんも早速甘えてじゃれ始めて…。


病院に迎えに行ったときに、先生は新しい飼い主さんに直接会っていないのでと、
気になる様子だったけれど、以前にも飼ったことがあって猫の好きな方であるという
ことを伝えると安心された様子…。
そして、このコは愛されると思いますよと、優しい眼差しでネコちゃんを見つめながら
おっしゃっていた。

昨日、家に帰ってからもいつまでも手に残るフワフワとした温かい感触…そして、
先生や飼ってくださるご家族…。
このネコちゃんを通してたくさんの優しさに触れて、私たち家族の心の中にも優しい
気持ちをたくさんいただいた、そんな子猫物語だった…。



ペット | トラックバック(0) | コメント(30) |permalink
<< ナマの楽しみ | home | 私のキッチンガーデン >>
コメント
子猫ちゃん、よかったですね。
TAEKOさんご家族の暖かい愛に感激です!
2007/05/08 Tue| URL | aquamarine
[ 編集 ]
普段から涙もろい私。。。
TAEKOさんの子猫物語を読んでいて、涙が出ちゃった。
この子猫ちゃん。。。 パパさんと出会うのも運命だったのね。
そして、素敵な家族が出来たことも。。。
昔、捨て猫を拾ってくるたびに母が家では飼えないの。。。 かわいそうで拾ってきても、今度またもといたところに返しに行く時、あなたがもっともっと悲しい気持ちになるわよ!だから、がまんして拾ってこないようにしなくちゃね!って言われたことがあります。
それ以来、今でも私は捨て猫を見かけると近寄ることさえしなくなりました。
そんな思い出があるせいか、今日のお話を読んでいてジ~ンときちゃった。
子猫ちゃん本当に良かった! 
そして、パパさんとTAEKOさんの優しさに感動☆彡
優しい気持ちって人にも動物にも、そして植物(自然)にもとっても大切なことですね。。。
2007/05/08 Tue| URL | grapefruits73
[ 編集 ]
とってもいいお話に私も思わず涙が出ました。私も同じような経験をしました。3年前の結婚記念日の日。当時借りていた借家の庭の木の下で朝から「みゃあみゃあ」と子猫の鳴き声がしました。見てみると丁度TAEKOさんご夫妻が保護した子猫ちゃんと同じくらいの猫でした。私は猫も大好きなので、思わず家に入れて、しばらく保護していました。でもお借りしている家ですし、どうしたものかと思い、子供の同級生などにも声を掛けて、飼ってくれそうな方を探しましたが、なかなか見つかりませんでした。
ご近所の老夫婦の方で「飼いたいけれど、猫アレルギーなの、ごめんね」と言われたり・・・。
でもこのまま保健所に渡すことなど絶対に出来ないと思いましたし、色々考えて本当に悩みましたが、結局地元の新聞の譲りますコーナーに掲載して貰いました。
雑種の猫ちゃんだったので、きっとおまけがなければ飼いたいと言ってくれる方が出てこないだろうと思い、(猫を譲ります。はいつも載っているので)1年分の餌をお付けします!と載せました。4名の方が電話を下さって、飼っていた猫が逃げてしまい、泣き暮らしていたと言う優しい1人暮らしのおばさんに引き取っていただきました。
2週間でしたが「るるちゃん」と名づけて可愛がった猫です。今でも時々引き取られたお家の近くを通る時、どうしているかな?と思い出します。

こうやって無事に命をつなげる動物は幸せです。でも毎日毎日、飼ってくれる人を待っている動物が増えている現実を考えるとやり切れませんね。
2007/05/08 Tue| URL | ゆう
[ 編集 ]
猫ちゃん、助かって本当によかった。。。
きっととても運の強い子だったんですね。
ご主人に発見された事、獣医さんがいらっしゃった事、そして飼い主が見つかった事も、全部運の強さですし、優しい人々の愛情で元気いっぱいになったのでしょう。
いいお話に感動しちゃった。
私もとても優しい気持ちになりました♪
2007/05/08 Tue| URL | kiyorin
[ 編集 ]
素敵な記事を読ませていただいて、とても優しい気持ちになりました。
みんながTAEKOさん御夫妻のように優しい心を持っていたら、みんな平和で楽しく暮らせるのに・・・なんて思ったりしています。
2007/05/08 Tue| URL | mmizunoM
[ 編集 ]
とてもいいお話ですが、その前に元の飼い主に憤りを感じます。
どういう事情であれ途中で飼育を放棄するとは許される事ではありません。
人間の勝手な我儘で罪のない動物達がどんなに迷惑をしているか、悲惨な生涯を送っているか・・・。
優しい方々に出会えたのは生きる事を許されたからでしょう。
おりこうさんで綺麗な子猫ちゃんですね?きっと幸せになりますね?今夜猫ちゃんのためにお祈りします。
2007/05/08 Tue| URL | 野いちご
[ 編集 ]
とても心温まるお話をありがとうございました。ちょっとかなりウルウルしてしまいました。主人が最初にこちらのエントリーを読ませて頂き、仕事から帰ってきてすぐに「TAEKOさんのブログ!」と言われました(笑)たぶんお近くにいたら手をあげて子猫ちゃんをお世話したと思います(かなりの猫好きです!)ご近所の方(猫ちゃんのいるお宅です)も先日大きな駐車場の近くで捨て猫ちゃんを発見し、我が家に!と思われたそうですが、一歩遅く、でも素敵なご家族のもとへ~~幸せに暮らしているそうです。
無責任な飼い主には言葉も出ないくらい怒り爆発ですが、それよりも本当に優しいTAEKOさまご夫妻と獣医さんに助けられたネコちゃんが幸せになったことが嬉しくてたまりません。そして素敵なTAEKOさまご夫妻のエピソードに触れることができて温かな気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!
2007/05/08 Tue| URL | Y
[ 編集 ]
良かった、子猫ちゃんの命が助かって。
TAEKOさんをはじめ、みなさんの優しさがこの子猫ちゃんの命を救ったのですね。
心温まるお話を聞かせて頂いてありがとうございます。
2007/05/08 Tue| URL | chigusa
[ 編集 ]
助かってよかったね。
どうしようかとハラハラしてしまいました。
これはもしかしてブログで飼い主募集を呼びかけるのかしら・・とも思って。
えぇ~、うち犬が二匹いるけど、ワタシかなぁ・・・なんて迷ったりしたんだけど、取り越し苦労でよかったわ。
良い方に迎えられて安心ですね。ほっとしました。
2007/05/08 Tue| URL | dorothy
[ 編集 ]
助かって本当に良かったですね。
良い人の廻りには似てる人ばかりいることをつくづく実感するお話しですね。
写真の「子猫ちゃん」可愛い名前が付いたら教えて下さいね。
同じ経験を去年、猫好きの息子がしたんですが、息子の猫ちゃんは天国へ行ってしまいました。
助かった猫ちゃんの話を息子に伝えたいから。
2007/05/08 Tue| URL | かすみそう
[ 編集 ]
獣医さんも色々ですね?娘宅のチワワは命拾いをした事があります。
後日、このお話リンクさせてくださいね?素敵なお話なので・・・
2007/05/09 Wed| URL | 野いちご
[ 編集 ]
v-283 aquamarineさん
私たちこそ、この子猫ちゃんに関わってくださった
方々の優しさと愛に感動しました。
本当に良かったです^^
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
このネコちゃんがどうなるのか、ドキドキしながら読みましたが、
最後はハッピーエンドで終わって、よかった!
TAEKOさんもご主人も優しい方なんですね。
2007/05/09 Wed| URL | flote
[ 編集 ]
v-283 grapefruitsさん
このネコちゃん、カラスに虐められて最後の力を振り絞って鳴いていたようで、
その声で主人は子猫がいることに気がついたようなのよ。
もし鳴いていなかったら、そこにいることはわからなかっただろうと言っていました。
それに、もう1時間も後だったらきっと遅かっただろうし…。
主人は、出かける前に急に思い立ってお散歩に行ったので、不思議だったなぁって…。
ネコちゃんが助けを求めていたのが届いたのかも…と思ったりね。
grapefruitsさん、子どものときに捨て猫をよく拾っていたのね。
うちは、妹がよく捨て犬を拾ってきてたわ^^;
母は一度飼っていた子犬が事故で死んでから、かわいそうで二度と飼わないと決めて
いたので、やっぱり妹も同じようなことを言われてた記憶が…。
飼うなら最後まで責任を持って…そんな当たり前のことが当たり前に行われれば、
飼われていた動物がこんなかわいそうな目合うこともなくなるんでしょうけどね…。
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
v-283 ゆうさん
ゆうさんのお宅でのるるちゃんのお話にも、胸が熱くなりました。
自分のところで飼えないとなると、なんとか大切に可愛がってくださる方のもとへ…
って真剣になりますよね。
2週間手元において可愛がっておられたのなら、なおさらだったと思います。
私たちは、見つけた日と迎えにいった日だけのお付き合いでしたけど、それでも
とっても情が移ってしまいました。

1年分の餌をつけて…ゆうさんの猫ちゃんを思う気持ちが伝わってきますね。
そして優しい方の元へ引き取ってもらえて良かったですね。
猫ちゃんもその方も、きっとお互いに幸せを与え合っているんでしょうね^^
ゆうさんのおっしゃるように、飼っている人を待っている動物が増えていく現実…
本当に悲しい現実ですよね。
犬を飼う身としても、いろいろと考えさせられます。
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
v-283 kiyorinさん
休診日にも関わらず先生が病院にいらして、すぐに診て治療して
いただけたので本当に良かったです。
病院に着いて診察台に置いたとき、ネコちゃんが大きく一息したんです。
自分を助けてくれる場所に来て、安心したように見えました。
娘と私はこのネコちゃんに、秘かに「ラッキー」と名付けてたんですよ。
元気になって新しいおうちも決まって安心しました^^
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
v-283 フーさん
自然の生態系の中で、私たち人間が手を出してはいけない自然界の
命の流れもあるでしょうが、自分たちの責任で飼う動物に対しては
最初から最後まで責任を持つのは不可欠なことですよね…。
立ち入ってはいけないところに立ち入って、守らなければならない
ところを放棄する…そんなちぐはぐが自然のいろいろな部分を破壊
していってるんでしょうね…。
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
v-283 野いちごさん
どういう事情でこうなったのかはわかりませんけれど、このネコ
ちゃんの人馴れしている様子から、人が関わっていたことは間違い
ないでしょうから、関わっていた以上は野いちごさんがおっしゃる
ように、最後まで責任を持って欲しいものです。
野いちごさんのお祈りが、きっとネコちゃんにも届くことと思います。
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
v-283 Yさん
そうですか、Yさんご夫婦も猫がお好きでいらっしゃるんですね^^
猫好きで可愛がってくださる方が見つかったら、どんなに遠くても
連れて行くつもりにしてましたから、身近では見つからなくて、
Yさんに手を上げていただいていたらそちらまでお連れしたかも(笑)
こうして皆さんからいただいたコメントで、さらに優しい気持ちを
いただきました。
こちらこそ、心温まるコメントをありがとうございました。
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
v-283 chigusaさん
皆さんが、このネコちゃんの小さな命を大事に思ってくださる
気持ちがこの場でも伝わってきて、私の心も温まっています。
こちらこそありがとうございます。

そうそう熊手の箸置きね、↓この2日前のエントリーで有馬の
お土産をひっそりとアップしてる中に載せてるのでよかったら
覗いて帰ってくださいませ~^^
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
v-283 dorothyさん
確かにね、身近で探してどうしても見つからなかったら、ブログで
呼びかけるしかない…?とも思いましたよ。
あちらこちらの猫好きな方を思い浮かべてたりもしたしね…^^;
dorothyさんもそこまで考えながら読んでくださったなんて、
なんてありがたい!
猫、好きだって言ってたもんね^^
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
v-283 かすみそうさん
息子さんも猫が好きでいらっしゃるんですね。
猫ちゃん助からなくて残念でしたけど、最後に息子さんの優しさに
触れて天国へ行くことができて、幸せを感じることができたでしょうね。
このネコちゃん、娘と私は「ラッキー」と秘かに名付けていたんです。
新しい飼い主さんも、その名前で…とおっしゃってくださったん
ですけど、名前は飼い主さんが決めてくだされば、と思っています。
今度聞いて、またお伝えしますね。
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
v-283 野いちごさん
うちはこの病院にしか連れて行ったことがないので、他の獣医さんは
知らないんですが、本当に動物が好きというのが伝わってくる先生です。
リンク、いつでもお使い下さいませ。
ありがとうございます。
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
v-283 floteさん
あの姿を見たら、どうにもかわいそうで…。
本当はそのままうちで飼ってあげられたら、良かったんですけどね。
でも新しいおうちで、優しい方たちに可愛がられて楽しく幸せに
していることだと思います^^
2007/05/09 Wed| URL | TAEKO
[ 編集 ]
正直、私は小動物は苦手で嫌いなんですけど。というか、以前子供のときにかまれた経験があって凄く恐怖を感じるんD3エス手記になる方法を教えて下さい
2007/05/10 Thu| URL | tomorine
[ 編集 ]
v-283 Tomorineちゃん
小さいときにかまれた経験があると恐怖感がいつまでも
残るよね…。
少しずつでも触っていると自分に懐いてくるから、そうすると
段々と恐怖感よりも可愛いと思える気持ちの方が大きくなって
くるかな…と思うんだけどね。
2007/05/10 Thu| URL | TAEKO
[ 編集 ]
ご無沙汰です~!少し仕事が落ち着きました。
え~話や~!どんな展開になるのかドキドキでした。
これも一つの縁ですよねぇ。
うちの夫も猫は好きなんだけどアレルギーです。
同じ空間にいると、ものの数分でハナはズルズル、くしゃみ連発、目もかゆくなるようです。
猫探知機並みですわ・・・
2007/05/10 Thu| URL | ちゃこ
[ 編集 ]
v-283 ちゃこさん
お久しぶり~^^ 鼻の穴、少しすぼんだ?(笑)
動物との出会いも、ホント縁を感じますよね。
ちゃこさんのご主人も猫アレルギーがおありなんですね。
猫探知機…まさにそうよね~^^;
うちの主人も、飼ってるおうちにいくと家に入った途端に
咳が出始めて、あっ、この家猫がいる~って分るみたいです…。
2007/05/10 Thu| URL | TAEKO
[ 編集 ]
心臓がバクバクしながら読みました。良かったー!ホットしました。優しい旦那様と奥様に感謝します。私の会社にも黒いねこちゃん12歳をつい最近から飼ってます。右後ろ足は、赤ちゃんの時に憎きカラスに食べられてしまって三分の一ぐらいないです
右耳も少し食べられて変形しています。外で皆さんの愛情でお家もあり食事もちゃんといただいていたようです。が、今は会社にいます。トイレも一発で覚えて、やさしい良い子です。私もペルシャとヒマラヤンを飼っていましたが、ここまで飼い易い子は、初めてです。3本足で頑張っています。
2008/02/06 Wed| URL | 葉子です
[ 編集 ]
v-283 葉子さん
お返事が遅くなってごめんなさい。
コメントをくださってありがとうございます。
私の知り合いの方にも、家の近くの踏切りで足を痛めている猫ちゃんを
見つけて連れ帰り、そのまま飼っていた方がいらっしゃいます。
病院に連れて行き愛情いっぱいに世話をして、やっぱり3本足で元気に
過ごしていました。
葉子さんの会社にいる黒猫ちゃんも、きっと皆さんの愛情の中で幸せな
ことでしょうね^^
このときの猫ちゃん、この後どうしてもと望まれて違うご家族のもとに
行ったんですけど、とても大切にされて元気いっぱいにしています^^
2008/02/08 Fri| URL | TAEKO
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。