Home Sweet Home

~There is no place like home~
Profile

 TAEKO

Author: TAEKO
一日の終わりに夕日を眺めながら
今日の幸せに感謝する…
そんな気持ちで暮らしていたい

Link
☆お気に入りリスト
BlogPeople
☆BlogMURA Ranking ブログ村のライフスタイルの中の「生活空間」のカテゴリーに参加しています。クリックしてくださる方どうもありがとうございます このブログをリンクに追加する
Calendar

04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
Today's menu…
Recent Comment
Counter
Powered By FC2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
音楽の夕べ


昨日はアメリカから来日していた
ブリガムヤング大学の吹奏交響楽団
「ウインド・シンフォニー」のコンサートへ。

先週からの新型インフルエンザの影響で
いろいろと心配されていたけれど無事に開催。

数か月前から 
スタッフとしても関わらせてもらっていたので
ホッと一安心。

    BYU-WS.jpg

アンコール曲最後の
「星条旗よ永遠なれ」の演奏で
会場と一体となって盛り上がった後に
メンバーによる
アカペラでの歌のプレゼント。

合唱団のコンサートに来ていたのかと
一瞬錯覚をするような
とても美しいハーモニーに感動。

音楽の力って本当に素晴らしい。

ここのところの嬉しくないニュースが続いていた中で
久しぶりに家族で心をリフレッシュできた
そんな素敵なミュージックナイトに…

どうもありがとう♪


どうもありがとうございます~^^ Please click me♪
クリックしていただけると嬉しいです~

スポンサーサイト
音楽・歌 |permalink
心地よく


ちょうど一週間前、娘と買い物に出かけたときに立ち止まったCDコーナー。
癒しのシリーズの音楽が並び、それぞれ視聴できるようになっていた。
いろいろ聴いてみて、その中で気に入ったものがあったので2点ほど…


まずこちらは、バスタイム用。

   DSC_11292.jpg

水の音や風のそよぐ音とともにバリ風の音楽が奏でられ、ゆったりとお湯に
浸かりながら聴いていると、とてもリラックスできて心地よい。

これにアロマキャンドルや入浴剤などで灯りや香りも工夫すると、さらに
リラクゼーション効果が期待できそう。




そしてこちらのCD、特に寝つきの悪い人に効果があるらしい。

     DSC_11295.jpg

私は寝つきが悪いわけでもなく、今のところこれといった睡眠障害はないけれど、
「深き眠りへ…」というキャッチコピーに惹かれて思わず手にしてしまった。

聞こえてくる小川のせせらぎに鳥のさえずり…
そして、その後ろに静かな音楽が流れ始める。


このCD、1時間全一曲の構成の中で

①音楽と自然音で心身のリラクゼーション。
②音楽の音量が次第に弱まり自然音との融合でまどろみの状態へ。
③自然音中心のサウンドが深い眠りへと導く。

と、3段階に分かれるようになっている。


が、

CDをかけて5分もしないうちに眠ってしまっている私は、まだ最初の部分しか
聴いたことがない…。

初めてこれをかけた夜、私は睡眠不足気味だったのと疲れていたのとで9時
過ぎに早々とベッドへ。

普段の睡眠時間は6時間前後なので、こんな時間から寝たら変な時間に目が
覚めてしまうかなぁ~と思いながらも、流れる音に心地よく眠りについた。

で、朝目を覚ますと7時過ぎ!
なんと10時間も眠っていた。

昔から病気のときでもなければ、そんなに長時間眠っていられる方ではない
ので、これにはちょっとびっくり。

単に寝不足と疲れが溜まっていたからなのかもしれないけれど、そんなに早く
から寝ていたのに夜中にも明け方にも目覚めることなく…というのは、多少は
CDの効果があったのだろうかとも思ったりする。

まぁ、ほんの最初の部分しか聴くことのない私にはあまり必要のないものなの
かもしれないけれど…気持ちよく眠りにつけるのは確かなので、しばらくは愛用
してみるとしよう。


ポチッと押してくださる方、どうもありがとうございます~ 

音楽・歌 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
美しく響く音


夏の初めのころ、近くに住む友人から電話がかかってきた。
それは、「一緒にハンドベルをやらない?」というお誘い。

メンバーは娘が小学校の時のPTAつながりで、一年位前からすでに何人
かで始めていたらしい。

ハンドベルは、教会で子どもたちに教えたりはしていたものの、自分で
演奏する機会はなかったので、それは楽しそう~と二つ返事でお仲間に。

   DSC_8801.jpg

来月には2ヶ所で演奏の発表予定があるので、先週からはそれに向けて
クリスマスの曲の練習を開始。

高らかに心地よく響くベルの音に、気持ちも安らいでくる。
聴いてくださる方々の心にも安らかに響くことを願って…。



音楽・歌 | トラックバック(0) |permalink
あたたかな音楽の夕べ

クリスマスも近くなった昨日、教会ではクリスマスコンサート…。

DSC_1416.jpg



コーラスと何人かの人の歌う美しいソロ。
穏やかで厳かな中、外の寒さも忘れるように心が温かくなった夜だった。

DSC_1465.jpg DSC_1430.jpg
DSC_1431.jpg DSC_1419.jpg


クリスマスまであと一週間…愛する人々と、心温かい日々を過ごされますように…



音楽・歌 | トラックバック(0) | コメント(18) |permalink
これからも…
最近すっかりご無沙汰してしまっているピアノレッスン…。

 
  

私がピアノのレッスンを受け始めたのは、結婚して娘ができてから。
娘が幼稚園に行き始め自分の時間もできるようになったので、娘を習いに
行かせる前に一足先に私が行き始めることにした。

そのときから始めれば、5~60歳になったころに自分の好きなクラッシックの
曲を弾いたりして楽しむのには、十分に間に合うかなぁとも思って…。

気がつけば、それから十数年。
まったくの初級から始めて、最初は週に一度レッスンを受け毎日欠かさずに
練習し、大人で始める唯一の利点である楽譜が読めることもあり、ペースよく
レッスンを進めていただいた。
ある程度までいってからは、レッスンの回数を減らして、練習曲をしながら
あとはマイペースで少しずつ、色々な曲をレッスンしていただいてきた。

何よりもありがたいのは、新しい曲を始める度に、最初に楽譜を見て「え!?
これ私に弾けますか~?」と、怖気づいてしまう私に、先生はいつも「大丈夫、
練習すれば絶対に弾けるようになるから!」と言い続けてきてくださったと。

正直、「大人になってからピアノを始めるのってどうなんだろう…?もう手も
硬いしやっぱり遅いかも」…と思っていた私に、「大人になってからでも全然
遅くなんかないわよ」と先生は常にそう言ってレッスンしてきてくださった。
そして練習を重ねて本当に弾けるようになる…ということを繰り返しながら。

    “何を始めるにも遅すぎることはない“

私が、このことを信条として自分の心の中に持つようになったのは、ピアノを
通して得た経験からの実感。

  20061016120700.jpg

確かに手も頭も硬い。
楽譜は読めても、反応するのは遅い…。
ちゃんと暗譜して弾けるようになっていた曲も、しばらく弾かないと「この曲
ホントに暗譜してたんだっけ?」ってくらいになっていたりもする…。

それでも今までにいろいろな曲を弾きながら、随分と心の中に栄養をもらい、
気持ちを豊かにしてもらってきたように思う。

ここ何年かは、PTAが忙しかったりなんだかんだと重なって、続けての
レッスンを受けれず、たまに思い出したように見ていただく程度だったけど、
そろそろ長いこと持っている曲を仕上げて、次の曲にいかなくちゃあ…。

若いときに比べると、少しずつ歩みが遅くなっていくのは確かだけど、それ
でもやっぱり、いくつになっても何かを始めるのに遅すぎるということはない。
そう思って、これからもいろいろなことを臆せずに楽しんでいきたい。
そして、これからもずっとピアノを楽しんでいきたい。



音楽・歌 | トラックバック(0) | コメント(22) |permalink
魅惑のワルツ
2.jpg

以前テレビで、美空ひばりさんのこんな歌が流れる化粧品のCMがあった。

      ♪星空の~し~たで~、
       二人だけで歩~きましょ~う
       肩と肩~、頬と頬~、寄せ合いな~がら、
       どこまで~も・・・♪

あるとき、普段からよく聞き間違いをする娘がこれを聞いて言った。

「ワタシなー、この“ホホとホホ~”っていうのを、ずーっと“オホホホホ~”
やって思ってたわ。でもそう聞こえへん?」

「えっ!? そんな、おほほほほ~って、中村玉緒さんやないねんから…」

とは言ったものの、そう思って聞いてみると、なんとな~くそう聞こえない
こともない…。
気が付いたら、それ以降そのコマーシャルが流れる度に、その部分に
なると二人でメロディーに合わせて、♪おほほほほ~♪っと歌っていた。
段々そうとしか聞こえなくなってくるからあら不思議…。

最近、そのコマーシャルのバージョンが変わっていた。
流れてくるのは同じ歌なんだけど、歌っているのはボサノバを歌う
私の好きな小野リサさん。

彼女の囁くような歌声が私の胸に心地よく響いてきた。

ところが…例のメロディーのところになったら、私の頭の中には、あの
“おほほほほ~”が蘇ってきたのである。

確かに小野リサさんの歌はポルトガル語なので歌詞は聞き取れない。
そうすると頭の中にはどうしたって、美空ひばりさんの日本語の歌詞が
自然とフィードバックしてくる…しかも“♪おほほほほ~”がセットで…。

もしかしたらこの歌は、今後誰が何語で歌っているのを聴こうとも、
私の耳にあのくだりだけは“おほほほほ~”としか聞こえないのでは
なかろうか…?

この歌、もともとは英語の歌を美空ひばりさんがカバーしたもので、
タイトルは「Fascination」、日本語では「魅惑のワルツ」というらしい
けど、私にとってはむしろ「疑惑のワルツ」かもね・・・。


音楽・歌 | トラックバック(0) | コメント(5) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。